腰痛、膝痛からの膝が伸びにくい原因とは?

院長ブログ
腰痛、膝痛からの膝が伸びにくい原因とは?

こんにちは腰痛、膝痛の専門治療 丸鍼灸整骨院の丸橋です!

だいぶ涼しくなってきましたね!

朝はさぶくなってるくらいですね!

さて今回は朝の腰痛、膝痛から膝が伸びにくい原因についてお話ししますね!

今からいくつか質問をいたします!

 

1.朝起きたら腰が痛くて起きにくい、また伸びにくくて動き出すのに時間がかかったりする方はいらっしゃいませんか?

2.また同時に膝が痛くて伸ばしにくくて歩くのが辛いことはありませんか?

3.また腰も膝も歩き出すと少しましになってくることは、ありませんか?

4.上向きで寝られない、上向きで寝ていると腰が痛くなってきて辛い

 

5.壁に背中とお尻をつけると腰の間に拳がすっかり入る

 

6.横向きで丸まって寝ている

 

7.股関節、脚の付け根に痛みがでることがある

 

8.うつ伏せになりながらスマートフォンや本を読むことが多い

9.いつも同じ方向で寝ている

10.立っていると腰が辛くなってくる

今お伝えした問題に5つ以上当てはまるのであれば、あなたの腰痛、膝痛の原因となる問題は骨盤の歪みから反り腰が原因になっているかもしれません!

 

腰痛、膝痛からの膝が伸びにくい原因とは?

上記のように骨盤が上方に上がったり、歪むことで腰の隙間が狭くなったり、筋肉が緊張することで腰が反り、腰痛になり、膝へついてる筋肉の緊張が起こることで膝痛がおこります!

まずは先程お伝えした癖を変えることからやってみてください!

そうすることであなたの腰痛、膝痛を改善する糸口になります!

やってみてください!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!