自律神経が乱れてきた時に効くツボとは?

院長ブログ
自律神経が乱れてきた時に効くツボとは?

こんにちは!

院長の丸橋です!

少しずつ朝や夜は涼しくなってきて暑さが和らいできましたねー!

まだまだ日中は暑いですが、。。。笑

このような時季には、必ず自律神経に負担がかかり、合わせて免疫も下がり、様々な症状が出やすいこともあります!

頭痛、ふらつき、ギックリ腰、膝痛、腰痛、皮膚炎などがよく出られる方が多いのもこの時季です!

辛くて、仕事にいけない、しんどくて動けない方が多いです!

検査していくと様々な部分で負担がかかっていることがあります!

内臓の機能低下、血流循環、神経の働き、骨格の歪み、メンタル問題、環境問題で特に気圧、頭蓋骨の動きの悪さ、歪みなどがあります。

そこを治療してバランスを整えていくと身体の循環、負担がかからなくなっていくので良くなっていくのですが、自宅でのセルフケアも効果を上げることができます!

 

そこで今日お伝えするのが、自律神経にきくツボです!

やり方はすごく簡単です!

そのツボを押すだけです!

 

 

 

 

 

 

 

自律神経が乱れてきた時に効くツボとは?
自律神経が乱れてきた時に効くツボとは?

が侠けいと外関というツボです!

こちらの写真の場所を指で優しく30秒から60秒くらい押してみてください!

 

左右ありますからどちらか硬く、痛気持ちいいところをメインで押してみてください!

すると、頭痛やだるさ、おもみ、などが緩和されます!

是非試してみてください!